アスペルガー症候群の有名人:ビル・ゲイツ

アスペルガー症候群の有名人:ビル・ゲイツ

マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツはアスペルガー症候群ではないかと言われています。

 

ビル・ゲイツは小さい時から理科と算数が得意でした。
また、記憶力もずば抜けており、聖書から長い引用を間違いなく暗唱できていました。

 

特定の科目が非常に得意というのは、アスペルガー症候群の特性にも当てはまります。

 

また、体を揺り動かす癖があり、それは社長になった後でも続いています。
これはチック症ではないかと考えられますが、アスペルガー症候群の人がチック症を発症するケースは少なくありません。

 

驚くことにアメリカでは、アスペルガー症候群はシリコンバレー症候群とも呼ばれていて、シリコンバレーで働く人の1割がアスペルガー症候群であると言われています。

 

それだけITやテクノロジーの世界は、アスペルガー症候群の人が才能を発揮しやすい業界なのでしょう。
実際、プログラマーやウェブデザイナーなどは、その特性上向いている職業だとも言われています。

 

ビル・ゲイツは、1955年アメリカワシントン州生まれで、マイクロソフト社の創業者です。
BASIC、MS-DOS、Windowsなどの開発をし、ITの礎を築きました。
13年連続世界長者番付で1位になるなど莫大な資産を保有しています。



 このエントリーをはてなブックマークに追加