アスペルガー症候群の有名人:トーマス・エジソン

アスペルガー症候群の有名人:トーマス・エジソン

偉大な発明家として有名なトーマス・エジソンは、アスペルガー症候群だったであろうと言われています。

 

また、他にもAD/HD(注意欠陥/多動性障害)や学習障害も持っていたでだろうと言われています。

 

子供時代、授業の途中でなぜだろうと疑問が浮かぶと、教師を質問攻めにして授業を中断させてしまっていたという逸話があります。
そのため、学校は退学し、家で母親から教育が受けていたそうです。

 

普通の子供なら、もし授業内容をわからなくても授業を止めるということはしませんから、空気の読めなさという点では確かにアスペルガー症候群の特性にあてはまります。

 

教師だったエジソンの母親は、形式的な勉強ではなく、本人の探究心や想像力を深めるような、自由に勉強を教えたそうです。
それが発明者としてのエジソンの礎を築いたことは言うまでもありません。

 

アスペルガー症候群の子供の才能を活かすのは、親にかかっているところがあります。

 

できないことや苦手なことを叱るのではなく、伸び伸びと育てて、子供の長所を引き出してあげることが大切です。

 

トーマス・エジソンは、発明王の名を持つ偉大な発明家です。
1847年アメリカ生まれで、1300ものを発明をしたと言われています。
代表的なものに、蓄音機、白熱電球、トースターなどがあります。



 このエントリーをはてなブックマークに追加