アスペルガー症候群の有名人:アルベルト・アインシュタイン

アスペルガー症候群の有名人:アルベルト・アインシュタイン

アルベルト・アインシュタインは言わずと知れた、物理学の天才ですが、専門家によると彼はアスペルガー症候群であったであろうと言われています。

 

さまざまなエピソードがあります。
次の通りです。

 

  • 5歳まで、まともに会話をすることができなかった
  • 読字障害(学習障害の一種)だった
  • ※アスペルガー症候群の人は学習障害を併発することがあります。

  • 人付き合いが苦手だった
  • 13歳で高等数学をマスターしていた
  • 現代語などが苦手で、一回目の大学受験(チューリッヒ連邦工科大学)で落ちた
  • 自分のDV(家庭内暴力)が原因で離婚した

 

アスペルガー症候群=天才、とイメージづけたのもアインシュタインのおかげといって過言ではないでしょう。
これは、アスペルガー症候群の人や家族にとって大きな励みになっていることかと思います。

 

アスペルガー症候群の人は日常生活に支障がある面はあるものの、さまざまな可能性を秘めています。
マイナス面ばかりに注目するのではなくプラスの面を伸ばすように生活していきましょう。

 

アルベルト・アインシュタインはドイツ生まれのユダヤ人で、理論物理学者です。
相対性理論を発表したことで有名です。物理学の全領域にわたって多大な業績をあげています。



 このエントリーをはてなブックマークに追加