アスペルガー症候群の長所:大人との親和性

アスペルガー症候群の長所:大人との親和性

アスペルガー症候群の長所として、大人との親和性があります。

 

アスペルガー症候群の子供は、同年代の子供たちとなかなかうまくいかないことが多いです。
その理由は、友達の行動は突拍子がない、気まぐれだと感じるからだそうです。

 

また、友達からしても、アスペルガー症候群の子供の言動は周囲と比べる異質なものに見えることがあるため、とっつきにくいと感じることは少なくないようです。

 

その点、大人は子供たちと比べれば一貫性がありますし、順応性もあることから、アスペルガー症候群の子供は大人といることを好みます。

 

また、同年代の子供に比べて、言葉づかいや関心において洗練されているので、大人の方も一緒にいて楽しいと思うことがあるようです。

 

同年代の子供になじみにくいことは、一見短所にも見えますが、これは長所でもあります。
自分と違う年代の人と適合性があることは、通常の子供にはない貴重な才能です。

 

大人への気遣いができますし、他の友達と大人との架け橋になることもできます。
長所を活かせば、もっと人間関係の交遊の幅が広がります。

 

同年代の友達ができにくいと悩むよりも、大人も子供も含め積極的にいろんな人と関わって、楽しく過ごすとよいでしょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加