アスペルガー症候群の特徴:社会性がなく失礼な言動をする

アスペルガー症候群の特徴:社会性がなく失礼な言動をする

アスペルガー症候の人は、社会性がなく失礼な言動をとります。

 

いい大人なのに常識がない、と注意を受けることがあります。
それは社会性の乏しさから生じるトラブルです。

 

悪気なく非常識なことをします。説明しなくても誰もがわかっている社会常識やマナーが身についていません。

 

生まれながらの特性として、社会意識の低さがあります。
人と同じように行動することや、人の気持ちに配慮することに、意識が向きません。
いつも自分勝手なように見えます。

 

本人は自分勝手なことをしようとは思っていません。
喧嘩をするつもりもありません。
しかし、常識的なことを守れないまま暮らしていると、周囲から煙たがられて浮いた存在になってしまいます。

 

子どもの頃は許されたことでも、年齢を重ねるにつれてトラブルになりやすくなります。

 

アスペルガー症候群の人の社会性の特性は次の通りです。

 

  • 社会常識やマナーに従いません。そもそも意識もしていません。
  • 友人ができず、作ろうとも思っていません。
  • 人の感情を考慮しません。周囲がどう思おうと関係なく行動します。
  • 他人に共感せず、自分と違う考えに興味をもちません。
  • 感情表現のタイミングがずれます。(人が泣いている時に笑う、など)
  • 場にそぐわないことします。(礼儀をわきまえない、敬語を使えない、など)


 このエントリーをはてなブックマークに追加