アスペルガー症候群の家族のサポート:混乱させないよう配慮する

アスペルガー症候群の家族のサポート:混乱させないよう配慮する

アスペルガー症候群の家族のサポートでは、本人を混乱させないよう配慮してあげてください。

 

成長しても生理的に苦手なものは苦手です。
ストレスの少ない環境づくりに協力してあげましょう。

 

アスペルガー症候群の人は、次のような状況で混乱しやすいです。

 

  • 大きな音
  • 落ち着いて予定通りの作業をこなしているときでも、大きな音を立てられたり、大声を出されると、怖がって作業に集中できなくなります。

     

  • 急な接近
  • 急に人や物が近づいてくることに強い恐怖を感じます。
    混乱のあまり暴力をふるってしまうこともあります。
    近づくときは、軽く声かけをしてから近づくことが望ましいです。

     

  • 人ごみ
  • 人の多い場所は混乱しがちになります。
    人ごみの中で指示通りのことができないときとは、一度その場を離れさせて落ち着かせましょう。

     

  • 見知らぬ場所
  • 家の中など慣れ親しんだ場所ではできることでも、見知らぬ初めての場所では緊張してできないことが多いです。
    場所を変えて少しずつ慣れさせるようにしましょう。

 

音や場所、他人への恐怖感などは、周囲の理解や配慮によって、時間がたつにつれ少しずつ薄れていきます。

 

許容可能な範囲で体験を積み重ねることで、発達への期待を持つことができます。
社会との関わり合いは自然と増加していきます。

 

本人が戸惑うことがあれば、その都度サポートしてあげましょう。
無理をさせて苦手意識をつけさせるのはよくありません。



 このエントリーをはてなブックマークに追加