アスペルガー症候群の家族のサポート:具体的に教える

アスペルガー症候群の家族のサポート:具体的に教える

アスペルガー症候群の家族のサポートでは、抽象的ではなく具体的に教えることが重要です。

 

作業を簡単にして、わかりやすい指示をするようにしましょう。
そのためには、話し方のポイントも押さえておきましょう。

 

次の7つのポイントが重要になります。
複雑なことは要求せずに、必要なことだけを簡潔に伝えるのがコツです。

 

  • 短く伝える
  • 余計な言葉できるだけはぶいて、簡潔に伝えます。
    長く複雑な言い方をすると、本人はどの言葉が指示がわからなくなり、混乱してしまいます。

     

  • 一つずつ始める
  • 一連の作業でも、一度に複数のことを指示するのは避けましょう。
    一つ一つの作業を、その都度指示するようにしましょう。

     

  • 具体的に伝える
  • 「もっと」「きっちり」など、曖昧な言葉は伝わりにくいです。
    「○○して」と具体的な言葉で指示するようにしましょう。

     

  • イラストや写真などを使う
  • 言葉だけでは伝わりにくいことがあるので、できるだけイラストや写真を添えるようにしましょう。
    ジェスチャーや文字も効果的です。

     

  • 予定を伝える
  • 作業の始まりと終わりを明確に指示します。
    「○○したら終わりね」などと言えば伝わりやすいです。

     

  • 肯定的に接する
  • たとえ失敗しても否定的な言葉をかけないようにします。
    相手を否定せずに、失敗を正す方法を示しましょう。

     

  • できるだけ失敗しないようにする
  • 実際できそうなことを中心に教えていきましょう。
    不可能なことはやらせないようにしましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加