【対処法】アスペルガー症候群の人は付き合いの幅を無理に広げないでよい

【対処法】アスペルガー症候群の人は付き合いの幅を無理に広げないでよい

付き合いの難しさを解消するためには、交友関係を意識的に絞ることが有効です。

 

自分の行動様式にあった付き合い方を考えていきましょう。

 

アスペルガー症候群の人は多くの場合、自分の傷害に気付く前から、友達付き合いが苦手なことに悩んでいます。
そして、障害がわかり自分の特性が把握できたあとにも、その問題は少なからず残り続けます。

 

たとえ特性を理解して、話すことが苦手だ、人の話を聞くのが難しい、と自覚していても、なかなか対処はできないものです。

 

弱点の克服を目指すことはやめ、弱点と付き合っていくことを目指しましょう。
特性があっても、トラブルなく交友関係を築ける範囲はどの程度か、体験を重ねながら探っていくことが大事です。

 

ポイントは次の通りです。

 

  • まずは理解者と付き合う
  • 疎外感や孤立感を軽減するためには、理解者とであうことが必要です。
    少人数でも、特性のことを理解してくれる相手がいれば、信頼感、安心感を得ることができます。

     

  • 誰とでも仲良くしなくてよい
  • 大勢と交流をもつのは難しいので、付き合いの幅を広げることにこだわらないようにします。
    そうすると、トラブルが減って生活が安定します。

     

  • 理解者に言葉を翻訳してもらう
  • 理解者に周囲の人との間に立ってもらい、食い違った会話を説明してもらいます。
    誤解をとくことが大切です。
    悪意がないことを周囲に理解してもらいましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加