アスペルガー症候群の人は余計なことを言って浮いた存在になってしまう

アスペルガー症候群の人は余計なことを言って浮いた存在になってしまう

アスペルガー症候群の人は、空気を読むのが苦手で、周囲から「いつも一言、余計だよ」だと苦言を呈されることがあります。

 

本人は悪口を言っているつもりはありません。
思いを表現しているだけで他意はありません。
しかし、人の容姿や行動に文句をつければ、トラブルになるのは避けられません。

 

本人は、注意されたり笑われたりするのが苦痛で、失言癖を治さなければいけないと考えます。
しかし、ふとした調子に余計なことを言ってしまい改善することができません。

 

  • 本人に面と向かって容姿の美醜を指摘しまう
  • 冗談を真に受けて本気で反論する
  • 冗談だと言っても理解しない
  • 会話が落ち着いた時に、言わなくてよいことを付け足す

 

こういったトラブルが続けば、性格が過激で付き合いづらい人だと思われてしまうこともあります。
友達ができにくくなる原因の一つにもなります。

 

そのような誤解を防ぐために、自分にはどのような言語感覚があり、なにを注意すればよいか、把握しておく必要があります。

 

自分はそのつもりがなくなても一言多く発言してしまうという自覚を持つことが大事です。
行動様式を調整することによって、ある程度空気を読めるようになり、円滑なコミュニケーションが取れるようになります。



 このエントリーをはてなブックマークに追加