アスペルガー症候群の人は誘いをうまく断れず険悪になる

アスペルガー症候群の人は誘いをうまく断れず険悪になる

アスペルガー症候群の人は、会話が上手なようにみえて実はそうではないのが特徴です。

 

相手に失礼なことを言って、起こらせるトラブルがよくあります。

 

例えば、「パーティーはつまらないから、僕は帰るよ。」といったように、誘いをうまく断れず険悪になることがしばしばあります。

 

人付き合いの中で、よくトラブルの原因になるのが、社交辞令を使えないことです。
アスペルガー症候群の人は、話し相手に気を使って言葉を濁したり、嘘をついたりすることが苦手です。

 

何でも率直に口にするため、ときには失礼な発言もします。わざと起こらせようとしていると、誤解を受けることもあります。

 

社会的なコミュニケーション能力の不足が原因です。
人の表情や身振り手振りを読み取ることが苦手です。
通常は言葉の他にもさまざまな手段を使ってコミュニケーションをしますが、会話以外のコミュニケーション能力が足りません。

 

  • 口調の違いに対して鈍感で、相手が怒った口調になっても気づきません
  • ジェスチャーでのやりとりが困難で、身振り手振りや合図を見過ごします
  • 人の表情が変化しても、そこから感情の変化を読み取れません
  • 相手が態度で怒りや嫌悪を示しても、それを感じ取れません


 このエントリーをはてなブックマークに追加