アスペルガー症候群の人は友達の作り方がわからない

アスペルガー症候群の人は友達の作り方がわからない

アスペルガー症候群の人は、他人の感情を想像するのが苦手です。

 

それが友達付き合いの困難として表れます。

 

  • 自分と違う考え方を理解できません。そのため人の言動に共感を示すことができず、周囲の人と仲良くできません。
  •  ↓

  • 友達はほしいがどう話かければよいかわかりません。腹を割って話しているつもりなのに通じ合いません。
  •  ↓

  • わかりあえない相手にあわせて行動するのが辛くなっていきます。
  •  ↓

  • 友達付き合いに苦手意識を持ちます。嫌われ者だという誤解を抱きます。
  •  ↓

  • ひとりでいる方が楽、我慢してまで付き合う必要はないと考えます。

 

アスペルガー症候群の人は、自分以外の人の気持ちを想像するのが苦手です。
友達が悲しんでいるのに、それに気づかず笑いかけて、起こらせてしまうことがあります。

 

このように、自分の感情を人におしつけるようにして、一方的な交流をすることが特徴です。

 

また、人の感情には理解を示さない一方、人が持っているものには強い興味を示すことがあります。
目に見える事実を好む傾向があるからです。

 

他者に対する関心の寄せ方が、このように特殊なため、友達付き合いが難しくなります。
適切な人間関係を築くことが苦手で、苦労することが少なくありません。



 このエントリーをはてなブックマークに追加