アスペルガー症候群と勉強

アスペルガー症候群と勉強

アスペルガー症候群の子供は学び方に偏りがありますが、勉強ができないわけではありません。

 

記憶力や集中力などの長所を活かしていけば、大学まで進学することは大いに可能です。
しかし、過度の勉強はかえってストレスとなりかねないので、注意するようにしましょう。

 

それぞれの成長過程における望ましい勉強の在り方は次の通りです。

 

  • 小学生
  • アスペルガー症候群の特性を家族や教師など周囲の大人が理解することが望ましいです。
    支援を得て特性を受け入れていけましょう。

     

  • 中学生
  • 本人の自覚をうながし、将来のことを考え始めましょう。
    特性と向き合わないで、塾に通うなどして無理な受験勉強を続けると二次障害を招くこともあります。

     

  • 高校生
  • 本人の意欲や学習能力に合った高校に進学しましょう。
    大学受験などの目標を持つことで力が伸びる人も少なくありません。

     

  • 大学生、専門学校生
  • 大学では興味のある分野を選択することができるため、アスペルガー症候群の特性に合っていると言えるでしょう。
    また、将来を見据えて専門学校に進学する人も多いです。

 

受験勉強や進学が本人の生きがいにつながる場合もありますが、反対に受験のストレスから心身症や不登校、パニックなどの二次障害を起こすこともありますので、無理をしないようにしましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加