アスペルガー症候群:特別支援教育の利用

アスペルガー症候群:特別支援教育の利用

アスペルガー症候群の子どもの支援として、特別支援教育があります。

 

特別支援教育は平成19年の4月から始まった制度です。

 

従来は、目や耳が不自由な子供への支援は実施されていましたが、発達障害の児童に対しての支援は制度としては存在していませんでした。
それを改定したのがこの特別支援教育という制度です。

 

特別支援教育では、小学校においてアスペルガー症候群や注意欠陥多動性障害(ADHD)など、発達障害の支援を受けられるようになりました。

 

従来は、支援センターや専門の療育機関での対応が基本でしたが、この制度の発足により全国の小学校で支援を受けられます。
地域によって支援内容が異なる現状がありますが、今後は全国規模のサポートが期待されています。

 

特別支援教育によって、学習方法の選択肢が増えました。
今までは障害の程度に応じて通学先を選んでいましたが、制度の導入後は、支援の必要性に合わせて、個々に各教室を利用できるようになりました。

 

学級や教室には次のようなものがあります。

 

  • 特別支援学級
  • 障害によって通常の授業を受けるのが難しい場合に選択します。
    専門的な支援を受けることができます。

     

  • 通級教室
  • 言葉やコミュニケーションなど、発達度合いに応じた教育を受けることができます。

     

  • 通常教室
  • 他の生徒と同様に、通常の授業を受けます。
    支援が最低限となるため、できる範囲で通うことを目標とします。



 このエントリーをはてなブックマークに追加