アスペルガー症候群の理解:家族関係の難しさを認識する

アスペルガー症候群の理解:家族関係の難しさを認識する

アスペルガー症候群の理解するためには、家族関係の難しさを認識することが重要です。

 

アスペルガー症候群の子供は、家族の愛情の受け取り方がよくわからないからです。

 

会話のやりとりや、人との触れ合いを苦手としている子供は、周囲から愛情が伝わりにくい子供だと誤解されがちです。
感情表現をうまくできないことを、周囲が理解する必要があります。

 

例えば、次のようなことがよく見られます。

 

  • 一人遊びばかりする
  • 周囲の誘いを断って一人で遊んでいることが多いです。
    集団に入ると混乱するため、それを嫌がって一人でいるのです。

     

  • 笑顔を返さない
  • 他者に笑いかけられると目をそらしてしまいます。
    これは相手を拒んでいるのではなく、目を合わせない方が話しを聞くのに集中できるためです。

     

  • 家族以外を嫌がる
  • 家族には慣れていても、他人やたまにしか顔を合わせない親戚にはなかなか慣れません。
    しかし、相手を嫌っているわけではないのです。

 

親は子供の気持ちに寄り添うことが大切です。
子供が興味を寄せているものに目線を合わせて工夫して愛情を伝えるといいでしょう。

 

おもちゃやイラストなどを使って、理解しやすい伝え方を心掛けます。
子供にとっては、興味に関連した話題やわかりやすい言葉ならすっと理解することができます。

 

愛情が一方通行にならないようにするためには、子供の特性ややり方を受け入れて、それに合わせてあげることが重要です。



 このエントリーをはてなブックマークに追加