アスペルガー症候群の理解:人間性を受け入れる

アスペルガー症候群の理解:人間性を受け入れる

アスペルガー症候群の周囲の理解として、本人の人間性を直そうとせず、受け入れることが第一です。

 

発達障害への対応で大事なのは、頑張ればできると思わないことです。
頑張ってもできないことがあることを理解しましょう。

 

アスペルガー症候群の子供は、さまざまな特性を抱え、日々の環境の中で必死に生活しています。

 

それを周囲が理解してサポートできるかどうかによって、その子供の発達は大きく変わっていきます。

 

具体的には次のようなことをしてあげましょう。

 

  • できたことを褒める
  • 短所や問題があっても、その中に良い点があったら褒めてあげます。
    そしてその喜びを共有します。

     

  • 周囲が共通理解を持つ
  • 親と教師など、周囲の大人が共通の理解と意識を盛って子供に接することが大事です。
    一環した対応が安心感を生みます。

     

  • 環境を整える
  • 騒音、落ち着かない部屋、危険な物などを排除して、子供の生活環境を整えてあげます。

     

  • 仲間をつくる
  • 子供が孤立しないよう、仲間と出会う機械をもうけてあげます。
    ただし、無理はせず、本人の希望に合わせた交流を心掛けましょう。

 

得意なことと不得意なこと、その両方が受け入れられれば、子供本人の悩みは軽減します。
不得意なことには強力して、得意なことは評価してあげましょう。
そうすれば、あとは自分の力で成長してきます。

 

理想の形にとらわれずに、焦らず子供の成長を待つのがアスペルガー症候群への理想的な対応です。



 このエントリーをはてなブックマークに追加