アスペルガー症候群の人は家族が障害を認めないことに苦しむ

アスペルガー症候群の人は家族が障害を認めないことに苦しむ

本人がアスペルガー症候群であることを理解していても、家族がそれを認めないケースがよくあります。

 

サポートが得られず本人は非常に苦しくなります。
認めない家族の心理的な反応は次の通りです。

 

  • 心配、不安で否定する
  • 聞きなれない診断名に不安を抱きます。
    認めたらそれまでの生活が壊れてしまうように感じます。

     

  • 頭ごなしに反発する
  • そんなはずないと頭から否定します。
    診断書があっても頑なに拒み続けます。

     

  • 嫌がって受け入れない
  • 障害という言い方に嫌悪感をもちます。
    説明に耳を貸さず、気の持ちよう、甘えだ、などと考えます。

 

アスペルガー症候群の人にとって、人間関係は大きな悩みです。
友人や同僚だけでなく、家族にも意思が通じにくく孤独な思いをしています。

 

すれ違いをなくすために、障害を打ち明ける場合もありますが、それも簡単ではありません。
家族全員があたたかく受け止めてくれるとは限らないからです。
反発され、本人が傷つく場合があります。

 

一人で苦しんでいる本人には、家族が理解をするか、それとも無理解な対応をするか、その違いが大きな影響になります。

 

親子ともにアスペルガー症候群という場合もあります。
詳しい原因はわかりませんが、遺伝性も一つの要素であると考えられています。



 このエントリーをはてなブックマークに追加