アスペルガー症候群の人は常識にとらわれない発想を力にすればよい

【対処法】アスペルガー症候群の人は常識にとらわれない発想を力にすればよい

アスペルガー症候群の特性は、良くも悪くも目立ちます。それを良い面に活かせば、他の人にはできない仕事ができ、貴重な人材になることができます。

 

アスペルガー症候群の人は、非常識だと注意されることが多く、それゆえに傷ついてしまいます。
しかし、それは常識にとらわれない突出した力を持っているということです。

 

他の人にはない力を仕事にいかすことができれば、成功につながっていきます。

 

実際に、記憶力と興味の偏りを生かして大学の研究員になった人や、独特の発想をいかして画家になった人などがいます。
長所を生かして大成したアスペルガー症候群の人は、世界中に大勢います。

 

ポイントは次の通りです。

 

  • ジョブマッチングを考える
  • 自分と仕事の相性や適性を考えることをジョブ・マッチングを考えると言います。
    活動の得意、不得意が大きく分かれるアスペルガー症候群の人には必要不可欠なことです。

     

  • 実際に練習・経験をする
  • ただ考えているだけでは、才能はなかなか見つかりません。
    研修制度やアルバイトなどを利用して適職を実践的に探していきましょう。

 

画家のミケランジェロやゴッホ、科学者のニュートンらはアスペルガー症候群だったのではないかと言われています。
独特の発想をいかした例です。
彼らのように、社会で活躍することは可能です。



 このエントリーをはてなブックマークに追加