アスペルガー症候群の子供:教師や保育士を味方につける

アスペルガー症候群の子供への支援:教師や保育士を味方につける

アスペルガー症候群の子供が楽しく生活を送るため、また支援するためには、保護者と保育士・教師との信頼関係が必要不可欠です。

 

家庭でどのような対応をしているのかを伝えましょう。
また園や学校での様子を聞くことで、家庭での接し方にフィードバックしていくのも効果的です。

 

小学校に入学させる前は、積極的に就学相談を利用しましょう。
就学相談では、障害がある児童や病気になった児童、また特別支援学校への就学などについての相談を受け付けてくれます。

 

教師や保育士の理解が得られれば、子供の強力なサポーターになってくれます。
子供のサポーターは、同時に保護者の相談相手でもあります。

 

特別な個別指導がなくとも、幼稚園や学校で毎日安定した生活を送るための支援を受けることは大切な療育です。
毎日通う幼稚園や学校の教師が子供の特性を知っていてくれることは非常に心強いことです。

 

保育士や教師は複数の子供の面倒を見る必要があるので、過度の期待はしない方がいいですが、それでも発達障害ということを知ってもらい、そのための対応をとってもらうことで、子供は非常に過ごしやすくなります。
子供が学校を好きになればどんどん好転していき、過しやすくなります。



 このエントリーをはてなブックマークに追加