アスペルガー症候群:結婚して子供をもつ

アスペルガー症候群:結婚して子供をもつ

アスペルガー症候群の人は、もちろん結婚して子供をもつことは可能です。

 

アスペルガー症候群の人が、自立して家庭を持つのは難しいのではないか、と思う人もいるかもしれませんが、自立した社会生活や家庭生活を送ることは十分にできます。

 

人の表情や気持ちを察することが苦手なアスペルガー症候群の人が、結婚して他者と生活していくことは、さまざまな苦労もあるでしょう。
しかし、家族がその特性を理解しようという協力があれば、決して乗り越えられない壁ではありません。

 

また、結婚相手がアスペルガー症候群でない人であれば、アスペルガー症候群の人が気づきにくい点を指摘してくれる良き相談相手にもなります。

 

結婚して子供を授かり、子育てをしていくこともあります。
不安を抱き支えを求める場面も多いでしょう。
そんなときは、家族みんなで支えって頑張っていきましょう。

 

子育てはアスペルガーではない人にとっても大変なことです。
子供の予測できない行動には、多くの親がとまどうものです。
変に苦手意識を感じずに、親や配偶者、頼れる人にはうまく頼って乗り切りましょう。

 

結婚生活を送ったり、子育てをすることで、社会との関わりがまた増え、より一層社会に適応できる能力が高まります。



 このエントリーをはてなブックマークに追加