アスペルガー症候群の子供:仕事を継続するために

アスペルガー症候群の子供:仕事を継続するために

人との関わりが苦手なアスペルガー症候群の子供は、職場で円滑な人間関係を保つことに苦労するかもしれません。

 

仕事をするためには、職務を全うすることはもちろん、同僚や上司、部下との良好な関係を築くことが必要不可欠です。

 

また、仕事上での信頼を得ることも重要です。
アスペルガー症候群の人は、決まった時間に会社に行き、やるべき事をきちんとこなすことは得意です。
地道に自分の仕事をこなしていけば、いつかは必ず評価されます。

 

仕事に対する愚痴は誰にでもあります。
職場で、変につまく立ち回ろうとするのではなく、同僚と協調して一つ一つの仕事をきちんとこなすよう、頑張りましょう。

 

定型発達の人にも、得意不得意があります。
アスペルガー症候群の人も、得意なことを活かせる仕事についた方が良いことは、いうまでもありません。

 

仕事上で自信をつけていくことが可能な職業が向いているでしょう。
褒められ、認められると嬉しいのは誰しも同じです。

 

例えば、以下の2つの職業は向いていると言えます。

 

  • 大学の講師
  • アスペルガー症候群の人は、一つのことに熱中し、時間を忘れて没頭します。
    そして誰よりもその道に詳しい専門家になれることがあります。

     

  • 出版社の校閲担当
  • 文字や表記の誤りを見つけるのは、非常に根気がいる細かい作業です。
    アスペルガー症候群の人は、こうした作業がむしろ得意です。



 このエントリーをはてなブックマークに追加