アスペルガー症候群の子供:就労のために必要なこと

アスペルガー症候群の子供:就労のために必要なこと

多くのアスペルガー症候群の人は、自立し社会生活を送っています。

 

そのためには、人と付き合う技術、ソーシャルスキルが必要です。
就職して社会に出ること、人間関係でつまずくことが多いです。

 

相手に嫌な思いをさせるつもりはないのに、不快な気持ちにさせたりパニックを起こして、周囲と摩擦を起こしてしまうことは少なくありません。

 

ソーシャルスキルとは、日常のあいさつ、知人友人上司同僚部下に声をかける、相手の気持ちを察しながら接する、というマナーのようなものです。

 

なるべく早くからソーシャルスキルを高めるトレーニングを取り入れ、社会への適応力を育みましょう。

 

進学・就労については早めに考えておくことが大切です。

 

自分にあった就職をするためには、中学生や高校生の頃から、将来はどのような方法で収入を得ていくのか、親子で話し合いましょう。
学校選びもその点を考慮します。

 

勉強が好きで大学進学も考えている場合は、就労支援よりも進学率の高い高校を選んだ方が良いです。
一方、就職を考えているのなら、工業高校などに進む、という選択肢もあります。

 

子供の希望を第一に聞いて進路を決めましょう。
くれぐれも親の希望を押し付けることの無いように気をつけましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加