アスペルガー症候群の子供:周囲の大人が総合的に支える

アスペルガー症候群の子供:周囲の大人が総合的に支える

アスペルガー症候群の子供に対しては、周囲の大人が総合的に支えることが大切です。

 

家庭と学校、かかりつけの医師や福祉センターなどの専門機関の連携は、アスペルガー症候群の子供の発達を支援する上で、重要な条件です。
子供への理解を深めるために、子供の入学前から情報を交換しあう連絡・連携がとれれば理想的な形といえます。

 

家庭には、子供についての幼い頃からの情報があります。
学校は集団生活の中における子供の状態、つまり社会性が最もよく見える場所です。

 

そして、そのどちらも一人の子供の顔であることは間違いありません。
家族は子供の学校での様子について、担任教師の話で知ることが多くなりますし、学校は入学前の子供の特性について、家族に聞けば良いです。

 

ですので、親、教師を交えて話し合いをすることは非常に大切です。
学校と家庭という、違う立場からそれぞれ意見を出し合って、支援の方針を決めることがあります。

 

専門機関、特に医療機関には、家庭・学校それぞれからの情報が集まります。
子供の状況や問題を、第三者の立場から客観的に整理して、子供への対応を示すことができます。

 

それぞれの立場で、それぞれにできることがあります。
周囲の大人達が、子供が適切に成長できるようサポートしてあげましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加