アスペルガー症候群の子供:大人になって初めて診断される人も

アスペルガー症候群の子供:大人になって初めて診断される人も

アスペルガー症候群は、子供のときは発見されず、大人になって初めて医者にかかり診断される人もいます。

 

友達ができない、一生懸命やっているのに仕事がなかなかうまくいかない、こういった理由からアスペルガー症候群を疑い、受診する人がいます。
社会的に立派に生活している人はいますが、そういう人でも大きな問題はなくても悩みや葛藤を抱えている人は多いです。

 

もちろん、診断の結果、本当にアスペルガー症候群の人もいますが、そうでない場合も少なくありません。
ただ、生活する上で何かしらの違和感を覚える人が多いようです。

 

アスペルガー症候群は、発達の偏りや、独自の行動特性がその特徴です。
発達の過程で、つまり子供の時に、何らかのアンバランスさが現れます。
しっかりと成長するためには、早期発見・早期介入がとても大切です。

 

子供が診断されることで親が気づくというケースもあります。
アスペルガー症候群には、家族性というものがあります。
自分の子供が診断されることで、自分自身も同じような特性を持っていたことに気付く親もいます。

 

いずれにせよ、大人になってからより子供の頃に診断される方が望ましいことは言うまでもありません。
悩みや葛藤も軽減できるケースが多いからです。



 このエントリーをはてなブックマークに追加