アスペルガー症候群の子供それぞれに合った学習方法が大事

アスペルガー症候群の子供それぞれに合った学習方法が大事

子供にはそれぞれにあった学習方法があります。主に次の3タイプに分かれます。

 

  • 情報を視覚化し目で見て覚えるタイプ
  • 何度も耳で聞いて覚えるタイプ
  • 手や足など体を実際に使って覚えるタイプ

 

一般的に、アスペルガー症候群の子どもは目で見て覚えるタイプが多いと言われています。

 

耳で聞いて頭に入った情報は、時間がたつと消えてしまい、忘れた時に確認することができません。
しかし、目で見る情報は、紙に書くなどして残しておくことができます。
何度も確認できて、安心感を与えます。

 

しかし、すべてのアスペルガー症候群の子供が同じタイプではありません。
耳で覚える方が得意で、一度聞いた音楽は全て覚え演奏することができるという驚くべき才能を持っている人もいます。

 

また、年齢などにより、図やイラストを理解できるレベルに達していないと、資格情報は有効でない場合もあります。

 

子供それぞれの特性を見極め、どのような学習方法が適しているかを知ることが大事です。

 

子供に適した学習方法が分かれば、学習効率は大幅にアップします。
得意な分野にとどまらず、その他の分野の力も伸ばし、高成績を修めることが少なくありません。
アスペルガー症候群の子供は、勉強が得意な子が多いのもそのためだと考えられます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加