アスペルガー症候群の子供は適切な言葉づかいができない

アスペルガー症候群の子どもは適切な言葉づかいができない

アスペルガー症候群の人の子供時代は、言葉づかいの悪さでよく注意されることが多いです。

 

周囲の子に社交のマナーがつく中学生頃から、言葉づかいの悪さが目立ちます。
この問題は、大人になってからもよく指摘されることです。

 

  • 幼少期
  • 言葉が遅れます。
    発語が遅かったり、覚える言葉に偏りがあったりします。態度が悪いと指摘を受けることは特にありません。

     

  • 小・中学校
  • 話し方に癖があります。
    お喋りな子で、話す内容が偏っている上に、口調にも独特の癖があり目立ちます。

     

  • 高校・大学
  • 言葉づかいが乱暴です。
    敬語やあいさつ、謝罪の仕方を注意されることが増えます。自分ではきちんと話しているつもりです。
    引っ込み思案になります。
    話し方を注意されることが増えたことで、話すのが苦手になって、本心を隠し仮面をかぶったような生活になります。

     

  • 高校・大学以降
  • マナーが守れず苦労します。
    言葉づかいが大問題になります。社交のマナーが身についていない、社会人失格だと言われてショックを受けます。

 

子供の時はしょうがありませんが、成長するにつれ、社会のマナーとはそういうものだと認識して学ぶことで改善を図ることができます。
マニュアル化して学ぶと覚えやすいでしょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加