アスペルガー症候群:学習障害(LD)、トゥレット障害の併発

アスペルガー症候群:学習障害(LD)、トゥレット障害の併発

アスペルガー症候群は、学習障害(LD)、トゥレット障害なども併発しやすいです。

 

学習障害(LD)の特徴は次の通りです。

 

  • 学習
  • 会話は出来るのに読み書きが上手にできないなど、一部の学習能力だけが極端に遅れています。
    簡単な計算や、数字の大小が理解できない子供もいます。

     

  • 会話
  • 読み書きはできるが、会話ができないという子供もいます。
    自分から発言するのが苦手です。

     

  • 運動
  • 運動中に素早い判断をすることができません。
    他人の動きの真似をすることも苦手です。

 

トゥレット障害の特徴は次の通りです。

 

  • 音声チック
  • 小刻みに言葉をくり返します。
    体調は悪くないのに、頻繁に咳をすることもあります。

     

  • 運動性チック
  • 体の一部を小刻みに動かします。
    まばたきをしたり、首をかしげたりすることが多いです。

 

学習障害(LD)やトゥレット障害を併発した場合は、学習面や心理面への配慮が必要です。

 

学習障害には課題学習などで対応すると良いでしょう。
苦手とする分野を集中的にサポートすることで、最低限必要な能力を培っていきます。
それ以上はあまり無理をしないようにしましょう。

 

トゥレット障害では、ストレスを受けた場合のケアが必要です。

 

チックはストレスや緊張感によって引き起こされるので、アスペルガー症候群に適切な対応を取ればストレスが軽減し、チックの症状は改善するでしょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加