アスペルガー症候群:注意欠陥多動性障害(ADHD)の特性も併せ持つ

アスペルガー症候群:注意欠陥多動性障害(ADHD)の特性も併せ持つ

アスペルガー症候群の子供は注意欠陥多動性障害(ADHD)の特性も併せ持つケースが多いです。

 

ADHDは、教室を走る、衝動的に話すなどの、アスペルガー症候群と似た特性を持つ発達障害です。
発達障害には重なる部分があるため、どれか一つだけの場合の方が少ないとさえ言われています。

 

子供の特性に対する療育を行うときは、アスペルガー症候群だけではなく、他の発達障害があればそれも考慮しましょう。
落ち着きのなさや、忘れ物の多さなどにはADHDへの対応が有効になります。

 

つまり、アスペルガー症候群という診断名にとらわれすぎず、包括的に対応することが重要です。

 

注意欠陥多動性障害(ADHD)の特徴は次の通りです。

 

  • 衝動性
  • 我慢することが苦手で、ちょっとでも嫌なことがあると衝動的にその場を飛び出してしまいます。
    教室で走って席につけません。
    友達を突然叩きます。

     

  • 多動性
  • じっと座っていられず、すぐに立ったり歩いたりしてしまいます。
    人の話を静かに聞くことができません。
    一人で走り回ったりします。

     

  • 不注意
  • 注意力と集中力が散漫して、作業をこなすことが苦手です。
    単純なミスが多くなります。
    忘れ物が極端に多いです。

 

落ち着きのなさを改善し、注意力を補うためには、生活環境を見直すことが大切です。
例えば、子供が気が散らないよう、家具を整理したり減らしたりしましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加