アスペルガー症候群の診断チェックテスト

アスペルガー症候群の診断チェックテスト

アスペルガー症候群の診断チェックテストには、下記のギルバーグによる診断基準がよく用いられています。

 

気になる人はチェックしてみましょう。

 

 

1.社会性の欠陥(極端な自己中心性) ※少なくとも2つ該当すること

  • 友人と関わる能力が欠けている
  • 獣人に関わろうとする意欲に欠けている
  • 社会的シグナルの理解に欠けている
  • 社会的・感情的に適切ではない行動をとる

 

2.興味・関心の狭さ ※少なくとも1つ該当すること

  • 他の活動を受け付けない
  • 固執をくり返す
  • 固定的で無目的な傾向

 

3.反復的な決まり ※少なくとも1つ該当すること

  • 自分に対して、生活上で
  • 他人に対して

 

4.言葉と言語の問題 ※少なくとも3つ該当すること

  • 発達の遅れ
  • 表面的には誤りのない表出言語
  • 形式的、もったいぶった言語表現
  • 韻律の奇妙さ、独特な声の調子
  • 表面的・暗示的意味の取り違えなどの理解の悪さ

 

5.非言語コミュニケーションの問題 ※少なくとも1つ該当すること

  • 身振りが少ない
  • ボディランゲージ(身体言語)のぎこちなさ・粗雑さ
  • 表情が乏しい
  • 表現が適切でない
  • 視線が奇妙、よそよそしい

 

6.運動の不器用さ

  • 神経発達の検査成績が低い

 

 

各項目に当てはまったものがある場合、アスペルガー症候群である可能性が高いです。



 このエントリーをはてなブックマークに追加