アスペルガー症候群ガイド 特徴、症状、有名人、チェック、大人

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群とは発達障害の一種で、精神的な病気や環境によるものではなく、生まれ持った性質です。

 

脳機能に偏りがあり、その影響で行動や考え方に独特のくせが出ます。
自分自身を理解し、それに応じた適切な対処をすれば、トラブルは確実に減っていき、やがてなくなります。

 

アスペルガー症候群とは
精神的な病気ではなく脳機能の偏り
困難を放置すると二次的に精神疾患が生じる
アスペルガー症候群と他の発達障害(ADHD、LD、自閉症)
基本的に治療は必要ない

 

アスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群は、コミュニケーション、社会性、想像力の3つの面において特徴があります。
会話ができているようでできていない、社会性がなく失礼な言動をとる、想像力に乏しく応用がきかない、といったことです。

 

会話ができない
社会性がなく失礼な言動をする
想像力が乏しく応用ができない
音に敏感である

 

アスペルガー症候群の診断チェックテスト

診断チェックテストには、ギルバーグによる診断基準がよく用いられています。
自分がアスペルガー症候群であるかチェックしましょう。
自分の状態を把握することが困難を解決する大きな一歩です。

 

診断チェックテスト

 

アスペルガー症候群の症状:疎外感

社会性が乏しく周囲の人と同じように振る舞うことがなかなかできません。
誰もが知っている常識を理解できないため、自分はおかしい人間なのだと疎外感を抱いてしまいます。

 

友達の作り方がわからない
誘いをうまく断れず険悪になる
余計なことを言って浮いた存在になってしまう
【対処法】付き合いの幅を無理に広げないでよい
【対処法】ルールやマナーをマニュアルで学べばよい

 

 

アスペルガー症候群の症状:無力感

 

自分では一生懸命がんばっているつもりなのに、上司や同僚から批判され、良い人間関係を構築できずにいる人が多くいます。
徐々に自信を失い無力感を抱いてしまいます。

 

指示されないと自分からは動けない
融通がきかずひんしゅくをかう
他人と接する仕事で強いストレスを感じる
謝罪やお礼がすぐ言えない
【対処法】規則正しい行動を仕事につなげればよい
【対処法】常識にとらわれない発想を力にすればよい

 

 

アスペルガー症候群の症状:劣等感

 

精一杯生きているのに、周囲の理解が得られず、友達や同僚から誤解や非難を受け、劣等感をつのらせてしまいます。

 

家族が障害を認めないことに苦しむ
非難され続けて劣等感や絶望を抱く
自暴自棄になりひきこもり状態になる
うつ病や強迫性障害を発症する場合がある
【対処法】二次障害は対応次第で防げる

 

アスペルガー症候群の長所

アスペルガー症候群の人が持つ長所について紹介します。
長所を活かして生活していきましょう。

 

驚異的な記憶力
優れた学問的才能
視覚的思考
秩序や法則の認識
強い情熱と意思
大人との親和性

 

 

アスペルガー症候群への支援

 

困難に直面するのは、本人も周囲も理解が足りない場合が多いです。
適切な支援を受ければ、トラブルは確実に減っていき、やがてなくなります。
支援次第で、安定した生活を送ることができます。

 

生活支援:理解してもらう
生活支援:アスペルガーだけでは療育手帳や福祉手帳は取得できない
就労支援:支援センターを利用して適職を見つける
就労支援:ジョブコーチを派遣してもらう
就労支援:職業能力の判定を受けて自分を知る

 

アスペルガー症候群の子供

子供時代は、少し変わった子という受け止められ方をすることが多いです。
少人数の友達としか仲良くしなかったり、天才肌な一面を見せたりします。

 

少人数の友達とだけ仲が良い
適切な言葉づかいができない
天才肌で得意科目に自信がある
3つのタイプがある(積極型、受け身型、孤立型)
時間や道順に強いこだわりを持つ
それぞれに合った学習方法が大事
服が乱れていても気にならない
不安が高まりパニックになることがある

全体ではなく細部に目がいく
食べ物の好き嫌いが多い
非行や犯罪との関係

 

 

アスペルガー症候群の子供への支援

 

アスペルガー症候群の子供への支援はさまざまなものがあります。
必要なものは適宜利用しましょう。

 

特別支援教育
特別支援教育の課題
特別支援教育の仕組み
幼稚園や小学校の選び方
教師や保育士を味方につける
養護教諭、保健室
教師の客観的な視点
相談できる公的機関

民間の支援団体
小児神経科と児童精神科で診てもらえる
詳しく診断してくれる診療科は少ない
知能検査
大人になって初めて診断される人も
周囲の大人が総合的に支える
学校と保護者が喧嘩しないように
小学校と中学校の連携を緊密に

将来の道は本人の意思を尊重する
子供の将来を理解してくれる学校を選ぶ
就労のために必要なこと
一般の社会で活躍する
自立するために必要なこと
子供の頃から自立の準備を
仕事を継続するために
結婚して子供をもつ

 

アスペルガー症候群の周囲の理解

アスペルガー症候群の有名人

特定分野に対して驚くべき能力を発揮することがあるので、アスペルガー症候群の人の中には、世界的に成功した人が少なくありません。

 

アルベルト・アインシュタイン
トーマス・エジソン
ビル・ゲイツ



 このエントリーをはてなブックマークに追加